埼玉県里親会 電話:048-779-7200
ごあいさつ 里親制度概要 支部の活動 情報コーナー 関連機関紹介 皆さまからの声 お問い合わせ先

ごあいさつ

 
埼玉県里親会へようこそ

このたびは一般社団法人埼玉県里親会に関心をお寄せくださり、ホームページにアクセスいただきまして、誠にありがとうございます。
「社会的養育」「要保護児童」という言葉をご存知ですか? 今、日本では実の家庭で育つことのできない子どもたちが45,000人以上に上ります。国際条約である「子どもの権利条約」において、すべての子どもたちは温かい家庭で育つ権利があると謳われています。
私たち里親は、こうした事情の子どもたちを家族の一員として迎えて養育しています。私たち一般社団法人埼玉県里親会は、子どもたちの養育に日々頑張っている里親、お子さんの委託を心待ちにしている里親、特別養子縁組後の里親など、多様な会員で構成されています。

ぜひ私たちのことを知ってください
このホームページでは、私たちの活動や、里親・子どもたちの声などを紹介しています。
各地域の里親会では、恒例の夏の家族旅行で子どもたちの成長をお互いに確認し合ったり、自主運営のサロンで養育の悩みや成功事例を共有しています。里親が孤立することなく、ネットワークが広がり、お互いを支え合いながら活動している様子などを知っていただきたいと思います。

当事者団体としての里親会の役割
昨年5月の改正児童福祉法の成立により、要保護児童に関する国の政策が大きく転換しました。また本年8月、新たな社会的養育の在り方に関する検討会が取りまとめた「新しい社会的養育ビジョン」では、里親委託率の目標を75%とすることなどが提言されました。一人でも多くの子どもたちが家庭で育つことができるために、私たち里親の果たす役割は一段と高まっています。
日々の暮らしの中で、地域の中で、子どもたちは成長していきます。誕生日を家族で祝い、運動会などの行事では、お爺ちゃんやお婆ちゃん、地域の皆さんの応援の中で活躍します。多くの人々との関わりを通じて一人ひとりの個性が大切にされ、期待され、信頼されて成長していきます。やがて大人になり、今度は自分が大切な人を守る側になってくれると願っています。私たち里親は、子どもたちの笑顔と成長から、人と人の信頼の絆の大切さを教えてもらっているとも思います。
私たちは里親の当事者団体として、日々の養育に困っていることを解決し、養育のサポートができる団体でありたいと思っております。会員の声を意見に、意見を行動へと繋げていきましょう。

今こそ多くの仲間との連携を
埼玉県には、30年以上にも及ぶ養育経験や30名にも及ぶ養育実績など、里親の道を究めてこられた大先輩の方々が多数おられます。このような先人の貴重な体験の数々、また子どもたちに寄り添ってこられた熱い思いを受け継いでいきたいと思います。日々の養育は苦労も多いですが、社会的養育、子どもの権利保障に関わる多くの団体の皆さまとも手を携えながら、子どもたちの幸せ、最善の利益のために努力してまいります。

2017年10月
一般社団法人埼玉県里親会
理事長 石井敦
 
 
制度の概要を詳しく
 
●里親制度の概要
●Q&A
●里親になるまでの流れ
 
 
支部の活動を詳しく
 
●各会の活動紹介
 
 
 
 
情報コーナー
 
●「レスパイトケア」について
●「普通養子・特別養子」について
●「愛着障害」について
●会報のご案内
●里親会作成リーフレットについて